凛として時雨 2018 Tour Five For You 高松 fest halle レポ セトリ

スポンサーリンク


#5(初回生産限定盤)(DVD付)

一曲目Ultra Overcorrection バンド漫画でよくある音に圧倒され、惹きつけられる描写。凛として時雨のライブの一曲目はまさにそれ。
音に圧倒され、身体が金縛りにあったかのように動けなくなってしまいます。

凛として時雨は、最近はライブ活動がそこまで活発的ではなく数年に一度アルバム、ツアーの流れです。

もしかしたらあまりライブがなく、離れていくファンもいるのかもしれません。

筆者も色々なライブに行きますが、時雨のライブは他にはない魅力に溢れていると思います。

どちらかといえばモッシュ、ダイブ文化のあるライブなどにいく筆者ですが、凛として時雨のライブでは汗もかかずに終わることが多々あります。

暴れる、とかではないライブ。
ただただ暴力的とも言える音の嵐に夢中で目を奪われてしまう、そんなライブ。

それがわたしにとっての凛として時雨のライブです。

I was musicのTK(Vo・g)、サビ前でギター弾ききって「君を撃ち抜こっか」のとこで手を前に伸ばしてきたのかっこよすぎました…ギターの音と合わさってこれ脳内麻薬どっぱどっぱ出てめまいすらしました…。そこまで音の金縛りにあっていたオーディエンスもI was musicで一気に暴れだしました。

畳み掛けるようなDISCO FLIGHT、Chocolate Passionで会場の熱気も最高潮に!
筆者は10年くらい時雨のライブに通っていますがDISCO FLIGHTが1番盛り上がってると思います。
てゆうかDISCO FLIGHTやるまではテクニックと音にただただ圧倒されてしまうんですよね。曲が終わると曲中に呼吸すら忘れていたのではと思うくらいハッとします。
それくらい時雨のライブはすごいです。
ピ様(Dr)もいっていたけれど、本当3人のうちどこをみればいいのか迷います。
3人ともすごいんだものなあ…

スポンサーリンク

筆者はベース弾きですのでドラム、ギターのことは詳しくはありませんがTKとピ様のギターとドラムにはいつも目も耳も体も釘付けになってしまいます。
あと、相も変わらずあのCDでの歌声をまんまかすれず出せるTK。
音源では出せてもライブでだせないボーカリストって案外いるんですよね。年月がたって昔の歌声の音域がでないとか。
でもTKはそんなことないんですよね。昔の曲、TK in the 夕景も完璧に歌ってました。

3ピースバンドとは思えないバンド、それが凛として時雨

illusion is mineは本当に水の中にいるような気持ちになります。
照明も青いし、345の突き抜ける透明感のある歌声がもう…なんか頭がぼーっとしてふわふわしました。

ピ様のドラムソロ、今回どんぐりころころって一瞬本気で笑ってしまいましたが、実際のソロみたらもうお口あんぐりですわ…どんぐりころころってこんな激しいロックチューンですっけ??(錯乱)
一福うどんのだしを永遠にのんでいたいらしいピ様…わたしもまた今度いってみよう。

TK「僕たちはエキサイトしてますがみなさんはエキサイトしてますか?」

いやもうエキサイトってゆうか脳汁が出すぎて圧巻です。

345(Ba)の物販宣伝ももはや久しぶりすぎて懐かしい~
マルチケース?ポーチ?って迷ってるの可愛すぎて…

ファンもメンバーも345の一生懸命なMCを微笑ましく見守ってる感じがしました。

ライブでずっとアンコールはない凛として時雨。
今日もアンコールはありませんでした
昔はオーディエンスも拍手などアンコールをすることも多かったですが本日はオーディエンスもアンコールすることなく、新譜のラストであり表題曲でもある♯5の怒涛のラストが終わると共に閉演を悟った人々が多かったように思います。

筆者と同じように、凛として時雨の魅力に惹かれ、何年も通っているファンがやっぱり多いのかな?なんて勝手にちょっぴり安心してしまいました。

だから凛として時雨よ!来年もまた!ライブで全国まわってください!!!!数年待つのはやっぱりツライですよ〜〜〜

セットリスト

1.Ultra Overcorrection
2.High Energy Vacuum
3.Tornado Minority
4.Who What Who What
5.I was music
6.DISCO FLIGHT
7.Chocolate Passion
8.illusion is mine
9.ten to ten
10.DIE meets HARD
11.Who’s WhoFO
12.EneMe
13.テレキャスターの真実
14.TK in the 夕景
15.Telecastic fake show
16.#5
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク